逆流性食道炎は症状の強さも個人差がありますが、治療方法も数多く存在します。自分と相性のいい治療方法を見つけてみましょう。

医者の男性
  • ホーム
  • さまざまな逆流性食道炎の治療方法!

さまざまな逆流性食道炎の治療方法!

眼鏡をかけている医者

ネキシウムはエソメプラゾールという成分を主成分とする薬で、胃の壁細胞に作用して胃酸の過多を抑える働きがあります。
逆流性食道炎や胃潰瘍、吻合部潰瘍、十二指腸潰瘍などの治療に用いられます。
胃は食べ物を消化する器官で、毎日大量の胃酸分泌が行われています。

胃酸は強い酸性を示す液体で、胃腸に侵入してくる細菌を殺菌する役目を担っています。
しかし、胃の壁細胞が弱っている状態だったり胃酸が過剰に分泌されたりして、胃粘膜が傷ついてしまうことがあります。
胃が傷つくことによって胃潰瘍や十二指腸潰瘍が引き起こされることもあるので、早めの対処が大切です。
胃酸が食道に向かって逆流する逆流性食道炎の場合には、胃酸によって食道が傷ついてしまって炎症を起こして胸やけや呑酸と呼ばれる酸っぱい液体が口まで上がってくる症状が現れます。

ネキシウムは、プロトンポンプ阻害薬という種類に分類される薬です。胃酸は通常、胃粘膜に存在する酵素の働きによって分泌されています。
この酵素はプロトンポンプの役割を担っており、酸を放出してカリウムイオンを取り込む働きをします。
ネキシウムはこの酵素と結びつくことで酵素活性を抑制し、プロトンポンプの働きを阻害することで酸の放出を抑えるのです。
プロトンポンプを阻害する作用を持つことから、プロトンポンプ阻害薬と呼ばれています。

ネキシウムは逆流性食道炎や胃潰瘍などを根本的に治癒するわけではありませんが、胃酸をコントロールすることで胃や食道が傷つくことを防ぐ働きがあります。
それにより胸やけや胃の不快感といった症状を抑えることができ、治癒を早める効果が期待できます。

ネキシウムは基本的に、1日1回経口服用します。服用する期間は、治療の目的や症状の程度によって異なります。
1日1回の服用でいいので、飲み忘れが少ないというメリットがあります。用法や用量をきちんと守らないと、副作用が出やすくなるので注意が必要です。

ガスター10とネキシウムの違いについて

胃酸の分泌を抑える働きを持つ薬には、ネキシウムの他にガスター10という薬もあります。
ネキシウムは、胃酸分泌の最終過程で機能しているプロトンポンプに作用するプロトンポンプ阻害薬です。

一方のガスター10はファモチジンという成分を主成分とする薬で、H2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)という種類に分類されます。
H2受容体拮抗薬は、胃粘膜にあるヒスタミン受容体(H2)を遮断することで胃酸の分泌を抑える働きを持っています。
ヒスタミンは、胃酸の分泌に大きく関わっている体内物質です。
ヒスタミンがヒスタミン受容体に結合することで、胃酸が分泌される仕組みになっています。

H2受容体拮抗薬は、ヒスタミンの代わりにヒスタミン受容体に結合することによってヒスタミンが働かないようすにする作用があります。
それにより、胃酸の分泌を抑えることができます。
プロトポンプ阻害薬もH2受容体拮抗薬も胃酸の分泌をコントロールすることで、傷ついた胃の修復をサポートし胸やけや胃もたれなどの症状を改善する効果を持つ薬です。

ネキシウムは比較的副作用の少ない薬ですが、人によっては頭痛・めまい・軟便・下痢といった症状が現れることがあります。
特に軟便や下痢は胃酸の分泌を抑制することによって起こりやすい副作用とされています。

ガスター10も副作用は少ない薬ですが、便秘・軟便・下痢・口の渇きといった症状が出ることがあります。
ネキシウムとガスター10に共通する特異な副作用としては、白血球や血小板が減少する血液障害があります。
肝障害や皮膚障害などが起こることもありますが、非常に稀なケースです。
ただし、長期間服用する場合や高齢者が服用する場合には、副作用が出やすいとされています。

関連記事