逆流性食道炎は症状の強さも個人差がありますが、治療方法も数多く存在します。自分と相性のいい治療方法を見つけてみましょう。

医者の男性
  • ホーム
  • 片頭痛や腰痛にはボルタレンで緩和する

片頭痛や腰痛にはボルタレンで緩和する

炎症や痛み・発熱は、プロスタグランジンという生体内物質が原因とされます。
ボルタレンの主成分であるジクロフェナクナトリウムにはこの物質ができる量を減らす効果があるのです。
片頭痛や腰痛が起こった際には使用してみましょう。
痛みが緩和されるでしょう。

とはいえ、ボルタレンはあくまで対症療法薬であり片頭痛や腰痛の原因そのものを治療するものではありません。
そのため服用時に痛みが緩和されるだけです。
片頭痛や腰痛の直接の原因はなんでしょう。
痛みが我慢できないときにのみ対症療法薬を服用するようにし、日頃の生活や姿勢の改善を考えた方がよいでしょう。

ボルタレンの主成分、ジクロフェナクナトリウムは劇薬として指定されています。
そのため座薬・錠剤は市販されているものはなく、病院で医師に処方してもらいましょう。
塗り薬や湿布であれば市販薬もあり幅広く販売されています。
症状や患部の状態に合わせてよいものを選びましょう。

ボルタレンは通常であれば、関節リウマチや変形性関節症・月経困難症・神経痛・手術や抜歯後の鎮痛や解熱で使われる薬です。
単なる頭痛や腰痛・生理痛であっても作用のメカニズム的には効く可能性が高いものの、作用が強いため常用にはあまり向かないのです。
ボルタレンで緩和はするとはいえできればその他の薬を考えてみた方がよいでしょう。

以前に処方された薬が残っていたからと自己判断で使用するのだけは避けましょう。
ロキソニンやバファリン・イブなどNSAIDsと呼ばれる解熱鎮痛剤は他にも身近にたくさんあります。
ロキソニンの方が即効性は早かったりします。

ボルタレンの場合、効果が出てくるまでに30分程度は時間がかかるのです。
どうしても早く作用して欲しいというのであれば、座薬のタイプのものを利用しましょう。
ちなみに、ロキソニンであれば飲み薬や塗り薬・湿布の他に目薬もあります。
眼の痛みの緩和には、こちらが利用できて便利です。

ボルタレンで胃腸の調子が悪くなったら胃腸薬を併用

ボルタレンは消炎鎮痛作用を持つ薬ですが、さまざまある薬の中でも特に強い作用を持っています。
強い作用があるということは一方で副作用も大きいということです。
錠剤や座薬タイプであれば、下痢や便秘といった消化器系の症状の報告があります。

テープや塗るタイプのものの場合、身体の内部に取り込むものではない以上、副作用のおそれは低くなっていますが、そうは言っても皮膚炎やかゆみの例は報告されているのです。
まれにですが、アナフィラキシーや重症喘息発作・心筋梗塞・重篤な肝障害など重大な副作用が起こった例もあります。

ボルタレンは胃を荒らす薬であり、胃潰瘍や胃に病気のある人は飲むことができません。
日頃は健康な方でも胃への負担は大きいため胃腸薬を併用することをおすすめします。
大抵は、ボルタレンを処方される際に、胃腸薬も同時に処方されるはずです。

特に併用されることが多いのはムコスタという名の薬です。
胃を守るための防御因子を増やす働きを持つのです。
とにかく安く購入したい・ジェネリック医薬品でも問題ないという方であればレバミピド錠が処方されるはずです。
これらの薬を使うことで胃腸を守りながら痛みを乗り切るようにしましょう。
どちらも胃薬としての効果はそれなりですが、副作用の心配があまりないため安心して併用できます。

稀に胃薬を処方してくれない場合もありますが、ボルタレン服用時に胃の不調を感じるのであれば病院でお願いするか市販の胃薬を代用しましょう。
病気を治すための薬が原因で、胃炎や胃潰瘍を発症してしまっては大変です。
少しでも胃腸を守るためにも空腹時に服用するのは避けましょう。
ちなみに、ボルタレンは通販でも購入可能ですが、こういった知識は持っておく必要があります。
通販と言っても形式は個人輸入代行の通販です。
サイト選ぶ時は評価が高い安心できるサイトを選ぶことをおすすめします。
似たような安い価格で医薬品を販売している個人輸入代行サイトはいくつかありますが、口コミが多そうなところが安心でしょう。

関連記事