逆流性食道炎は症状の強さも個人差がありますが、治療方法も数多く存在します。自分と相性のいい治療方法を見つけてみましょう。

医者の男性
  • ホーム
  • 薬に頼らないで逆流性食道炎を改善する方法

薬に頼らないで逆流性食道炎を改善する方法

笑顔の男性

逆流性食道炎とは、強い胃酸や胃で消化される途中の食物が食道に逆流する事で炎症が起きる病気です。
欧米に多い疾患とされていましたが、食の欧米化や高齢化に伴い日本でも患者の数が増えています。
また高齢者の病気というイメージもありますが、最近は若い人の中でも増加傾向にあります。

逆流性食道炎の発症は、食道と胃のつなぎめである下部食道括約筋の筋力の低下によって起こります。
通常は下部食道括約筋が胃酸の逆流を防いでいますが、この筋肉が加齢などで緩む事によって胃の中のものが簡単に食道に戻ってきてしまいます。

また若い人にも逆流性食道炎が増えている理由の一つに便秘があります。
便秘になると腹圧が高まり、胃は腸からの圧迫を受けて食道への逆流が起こりやすくなります。
特に慢性的な便秘を抱えている人は常にお腹が張った状態なので逆流性食道炎にもなりやすいと言われてます。

そして毎日の食事の内容によっても逆流性食道炎のリスクを高める事があります。
脂肪分の多い食事をすると十二指腸からコレシストキニンというホルモンが分泌されるのですが、これが下部食道括約筋を緩めたり胃酸が増やす事になります。
脂肪は他の栄養素に比べても消化に負担がかかりやすいため、脂肪分の多い食事を好む人は逆流性食道炎が起こりやすくなってしまいます。

逆流性食道炎の症状には、胸焼けや酸っぱい液体が口まで上がってきて生じるげっぷ、狭心症のような胸が締め付けられる痛み、逆流した胃酸が喉や気管支を刺激する事で起こる咳や喉の違和感などが挙げられます。
放置してもこれらの辛い症状は改善する訳ではなく、潰瘍に進行したり、食道がんのリスクが高まります。

逆流性食道炎を病院で治療するとなると、よく行われるのが薬物療法になります。
ただし再発率の高い病気なので、薬物療法となるとほぼ一生薬を服用する事になります。
薬の服用を止めると症状はすぐにぶり返す事になり、さらに肝機能障害や消化管障害などの副作用も報告されています。

逆流性食道炎を改善したいなら食事内容に気を付ける

逆流性食道炎を改善させるには薬に頼らずとも、意識して生活習慣を変える事で十分な効果が期待出来ます。
そしてまず取り組みたいのが食事内容の見直しです。
食道や胃に負担を与えるのが酸性の強い物や刺激物、甘い物、油分の多い料理で、これらの食べ物はなるべく控えるようにします。

また食事内容を見直すだけではなく、食べ方にも気を使わなければいけません。
暴飲暴食と早食い、就寝前の食事は逆流性食道炎にとっては三大悪です。
お腹が空いていても満腹になるまで食べ過ぎる事をせず腹8分目までに留めておく、ゆっくりとよく噛んで消化作用のある唾液を増やす、就寝前には食事をしない事が鉄則です。

避けるべき食事内容とは逆に逆流性食道炎の改善に効果があるのがビタミンUが含まれているキャベツやブロッコリーなどの野菜です。
特にキャベツは胃酸過多に有効で、メチルメチオニンと呼ばれる潰瘍の抑制を行う成分も含まれています。
ビタミンUは熱に弱い性質があるので、キャベツを生食で食べるのが効果的です。

日頃からお酒を好む人は禁酒をします。
お酒を飲むと胃が強く刺激されて、胃酸と胃粘液のバランスが崩れます。
さらにアルコールが胃の中に入るとコレシストキニンが分泌され、下部食道括約筋が緩まって胃酸の逆流を引き起こす事になります。
少量のお酒は食欲を増進させる効果がありますが、逆流性食道炎の人は禁酒した方が安心です。

愛煙家の人は禁煙します。
そもそもタバコのタールやニコチンは胃を刺激して、胃液や胃酸を通常より多く分泌してしまい、食道の粘膜にも悪い影響を与えます。
またタバコを吸うと唾液の分泌が低下します。
唾液は胃酸を中和する働きがあるため、中和がしにくくなる事で胃もたれやげっぷ、吐き気が起こりやすくなります。
禁煙の効果は絶大で、愛煙家の人が禁煙に取り組んだだけで逆流性食道炎が治ったという報告もあります。

そして、積極的に取り入れたいのが運動です。
運動不足になるとお腹の脂肪で胃を圧迫したり、自律神経が乱れて消化機能が落ちてしまいます。
ただし腹筋のような腹圧をかける運動はNGで有酸素運動のようにリラックスして取り組めるものが有効です。

関連記事